高窓が思ったより低く、外からの視線が気になってしまった

リビングの、道路に面した側の窓は、通行人の視線を気にしなくても良いように高窓にしました。

また、西側にあたるので、大きい窓では西日がきつすぎるだろうから、明かり取り程度の窓でいいだろう、と高窓にしました。

そして、設計士から「家の外見上、窓の高さを揃えたほうが見た目がすっきりする」とアドバイスを受けたので、家のCG図を参考に、他の壁面の掃き出し窓や腰高窓と高窓の高さが同じになるように揃えました。

さて家が出来上がってみると、高窓の位置が思ったよりずっと低く、リビングに立つと、向かいの家の2階や奥のマンションが丸見えになってしまいました。

もっと天井に近く、空が切り取られたように見えて楽しめるようにと想定していたので、曇りガラスにもしておらず、普通の透明のガラスでお向かいが丸見えに。

しかも、掃き出し窓や高窓と同じ高さにしたのでは、普通の窓をただ縮めたように見えるだけで、部屋のバランスから見てもちぐはぐになってしまいました。

その上、リビングは開放感を求めてハイ天井にしたので、低い高窓が余計にちぐはぐに。

建築前の現場に実際に立って、窓から見えるであろう景色を確認したり、設計図の数字を鵜呑みにせず、床から窓の高さを測って確認したりすれば良かったです。

あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>鹿児島市の注文住宅